イネイト療法

昨日、イネイト療法むつう整体の後援会に行ってきました。

山元加津子通称かっこちゃんの講演会も同時にあって、

それも聞きたかったからなんだど。

かっこちゃんは特別支援学校の教諭をしていて、

そのときの話が書籍になったり、映画化されたりと、

子ども達と過ごす中での話が

涙なくては聞いてられないほど、とても感動する。

命の意味や役割、尊さ、

愛の深さ、その力を実感する。

イネイト療法の創始者の話はすごく納得して理解ができた。

イネイトとは毎日生きていく中で、当たり前に働いている

生命力、自然治癒力のこと。

人の身体で大事なのは脳幹。

生命力の根源である脳幹に働きかけることで、

その人がもつイネイトの力を発揮させるようにする。

問診程度に触るけど、

治療では触らない。

とても不思議な治療法でした。

パッと見、宗教のような(笑)

でも、その原理はとても東洋医学の考え方にも通じるから、

私には納得できるもので、

西洋医学は対処療法で、

根本を治さないと病い気自体は良くならない。

病気は忌むべきものでなく、

気づきを与えてくれる存在で認めることが大事。

野口整体の話を聞いた時にも思ったけど、

やっぱり気付くって大事だあなと。

あれっ

という感覚。

気づいていくと、

ぶれなくなるし、感謝も変わってくるし、すっきりしてくる。

育むために私は時間の確保が必要だと思うので、

時間の確保頑張ろう