写真の原点にもどる教室主宰者のつぶやき

写真の原点にもどる教室主宰者のつぶやき

昨日と今日は終日、秋の写真展の準備に取り掛かりました。

DMを作ったり、出展者の皆さんの額やマットの色、サイズを

それぞれのイメージを伺いながらアドバイス

まるでその人にあうお洋服のコーディネートをするようで

本当に楽しいものです。

今は写真講座の講師として活動していますが、将来はこうした写真展の

企画やギャラリー活動もしていきたいですね。今、少しづつですが準備を始めているところです。

展示することで、ますます写真が好きになっていただけたら

こんなにも嬉しいことはありません。

さて、私ごとですが、今年の秋に開催する4回目の個展作品は、

原点に戻って、山手西洋館氷川丸など横浜の風景を展示しています。

あらゆる物、場所を撮影してきましたが、たくさんの写真を振り返ってみて

あ、山手西洋館の写真が一番力が抜けている!と気づいたのです。

自分は何を撮りたいのか?と迷った時は、一度立ち止まって

今までの写真を見返してみると良いかもしれません。

それは、客観的に自分を見る作業と同じことなので、

人の意見や、こうあらねば、という固定観念があることに気づく

きっかけになるかもしれません。

今までの写真を振り返って客観的に見た自分の作品が

たくさんの皆さんにご覧いただけると嬉しいな、と思っています。

松田洋子写真展窓辺のまなざし

10/12木ー18水12時18時

銀座奥野ビル4階ギャラリー403