8月9日の日記

今日の出来事:1173年−ピサの斜塔が着工される、1483年−システィーナ礼拝堂が開場、1523年−鏡山城の戦い、1646年−古田騒動、1864年−天狗党の乱:江戸幕府が諸藩に「天狗党」追討令を出して戦闘開始、1868年−北越戊辰戦争:福島・大黒の戦い、1945年−第二次世界大戦:大湊空襲、第2回釜石艦砲射撃、1945年−長崎市への原子爆弾投下、約7万4千人が死亡、1945年−第二次世界大戦ソ連対日参戦:ソビエト連邦満州・朝鮮・樺太の国境を突破

今日は、ピサの斜塔が着工です。1173年にドゥオーモ(大聖堂)の鐘楼として着工し、200年後の1372年に完成しました。高さは地上55m、階段は297段あります。傾斜が5.5度あり、一時傾斜の増大と倒壊の危惧がありました。1990年から2001年の間に行われた工事によって、現在は約3.99度に是正されました。後、300年は倒れる危険がないとの見解が示されました。現在は、世界遺産「ピサのドゥオモ広場」を構成する主要観光スポットとなりました。

次に、システィーナ礼拝堂が開場です。システィーナ礼拝堂サン・ピエトロ大聖堂に隣接し、バチカン宮殿内に建てられた礼拝堂です。ミケランジェロが描いた「創世記」などの大天井画、「最後の審判」の壁画で有名です。教皇を選出するコンクラーヴェの会場としても知られています。シクストゥス4世の発願により、教皇礼拝堂として1475年に建設が始まりました。1481年に建物が完成後、ボッティチェリら初期ルネサンスの画家がモーゼ、イエス・キリストをテーマに壁画を描きました。1483年、シクストゥス4世による聖別が行われ、聖母被昇天に捧げられました。

その次に、鏡山城の戦いです。鏡山城は安芸西条(現・東広島市)にある山城で、安芸支配を目論む周防・長門大内氏が築城し、安芸支配の拠点としていました。1522年、大内義興陶隆房を総大将として安芸に派遣しました。5ヶ月間滞在して、新庄小幡(現・広島市西区新庄町)や大塚(現・広島市安佐南区沼田町大塚)を攻めましたが、安芸・武田軍の防戦により戦果はありませんでした。一方、安芸・備後に勢力を伸ばしていた出雲の尼子経久は、大内義興が九州北部へ出陣へしている隙を突いて、鏡山城を落とすため西条に進軍しました。尼子氏に臣従する安芸国人衆らと共に鏡山城の攻略を開始しました。この時、吉川氏は「有田中井手の戦い」の翌年に尼子氏の傘下に入り、毛利氏も尼子氏の傘下にありました。1523年7月25日、9歳の毛利家当主・毛利幸松丸の後見人を務める毛利元就は、吉川国経らと共に4000の軍勢で城攻めを開始しました。一方、大内方は蔵田房信とその副将として叔父・蔵田直信が鏡山城に入って、尼子軍を迎え撃ちました。蔵田房信は奮戦し、尼子軍を容易に城へ寄せ付けなかったため、戦線は膠着状態に陥りました。そこで毛利元就は一計を\xB0

討検⊄⊋腸箸硫汎弔魴僂❹擦觧槪鮠魴錣紡⊋陳梢丨鮨科屬蕕察⊂詁發貌彔匏海鮗螳絜④気擦泙靴拭F彔匏海凌圴類魑槪靴疹詁發和膾儞陲鬚④燭掘⊂訃①β⊋痛漆丨亘楷櫃埋討發辰萄埜紊遼廟錣鯊海韻泙靴燭❶■厳遑稿詎僕郛襪靴泙靴拭B⊋痛漆丨蓮∈併劼半詈爾僚曺燭魄絜㌢悗┐房ɐ欧靴泙靴拭F彔匏亠廚蓮⊄⊋痛漆丨凌修圭个望鞠Г靴泙靴燭❶⊄⊋陳梢丨砲弔い討録科屬蠅鯣麁颪靴峠莊困鯡燭犬泙靴拭L嗟璉欺△鰐鸞ǂ鯣晋里箸気譴董∪鏝礮貳屬任△辰燭砲發ǂǂ錣蕕魂絃泙ⓜ燭┐蕕譴泙擦鵑任靴拭◀海旅蕎訐錣如∉彔匏亠廚話厖νイ譴震嗟璉欺△魴找詎掘¬嗟璉欺△眛彔匏亠廚防埒佾兇鯤絜嚞槪砲覆蠅泙靴拭L嗟璘ⅹ彰櫃蓮¬嗟璆集気涼簔砲箸靴得犬泙譴泙靴燭❶■穏个了類防磴ⓘ損爐靴燭燭甓汎弔魴僂丨泙靴拭8絽\xAB役として叔父・毛利元就と外祖父・高橋久光がその任に当たりました。当初は高橋久光の発言力が強かったのですが、高橋久光が討死した後に毛利元就が実権を握りました。この「鏡山城の戦い」かr帰国後の8月25日に病死しました。敵将の首実検を嫌がる幸松丸を家臣達が無理矢理立ち合わせ、生首を見て衝撃を受けたためと言われています。享年9歳でした。尼子経久はこの後、

家臣・亀井秀綱を使って毛利家の家督相続問題に介入し、毛利元就の弟・相合元綱を擁立させようと画策しました。しかし、機先を制した毛利元就相合元綱とその支持派を粛清した事で介入は失敗し、毛利元就が当主となりました。その後、毛利元就は尼子氏から離反して大内氏の傘下に入ります。毛利元就が尼子氏から離反したのは、この「鏡山城の戦い」での尼子経久の仕打ちが要因となりました。

その次の次に、古田騒動です。1646年、江戸の藩邸で「古田騒動」が始まりました。浜田藩の第2代藩主・古田重恒は、40歳を過ぎても子に恵まれませんでした。跡継ぎが居ないために改易される事を恐れた江戸家老・加藤治兵衛と黒田作兵衛は、古田一族の古田左京の孫に当たる万吉を養子にしようと画策しました。その計画を打ち明けられた側近・富島五郎左衛門が古田重恒に伝えました。1646年8月9日、古田重恒は自分に無断で計画を立てた加藤治兵衛や古田左京らに対して激怒し、その一派全てを殺しました。その後、1648年8月4日に古田重恒は46歳で死去しました。跡継ぎが居ないため、古田氏は改易されました。

そのまた次に、天狗党の乱:江戸幕府が諸藩に「天狗党」追討令を出して戦闘開始です。北関東での「筑波勢」の横行に対し、幕府は将軍・徳川家茂が上洛して不在であった事で、水戸藩や諸藩に鎮撫を要請するのみで放置していました。水戸藩も「激派」が藩政を握っており、藩主・徳川慶篤は幕府が横浜鎖港を実行しない限り、筑波山に立て籠る挙兵勢力の鎮撫は出来ないと主張しました。1864年5月25日、参内した徳川家茂に対して朝廷は横浜鎖港を必ず実行するよう指示し、川越藩主・松平直克及び徳川慶篤がその実行者に指名されました。こうして、横浜鎖港は幕府にとっても受け入れざるを得ない情勢となりました。一方で、老中・板倉勝静牧野忠恭らは徳川家茂の江戸復帰を機に、水戸藩に対して「筑波勢」追討を命じました。これに呼応し、市川三左衛門ら「諸生党」約600人余は江戸に上り、藩主・徳川慶篤のいる江戸小石川の水戸藩邸を掌握し、「激派」を藩執行部から更迭するクーデターに成功しました。これが、「筑波勢」追討を巡る幕閣内の抗争にも影響を与えました。一橋慶喜の意を汲んで横浜鎖港を主張し、「筑波勢」の鎮圧に反対していた松平直克が失脚しま\xA4

靴拭◀海Δ靴董◆崔淒叛Ą廚猟丹喫鍰砲ⓓ蠅泙蠅泙靴拭◁隠牽僑看哿厳遑稿訢⊆稠噶鵑覗衫蛭夕隋ε直属嫗困ⓓ鋲し柿躋腓貿ぬ燭気譴泙靴拭C淒隼海破ź唎靴拭嵜絽妖袈蘚沺廚紡个掘∨詆椶蓮崔淒叛Ą彡鋲の瓩鮟个靴鴇鑪♤顱Σ写邱颪僚忡佑暴佇爾鯡燭検⊊沼阿遼詆槊Ψ海覆匹眛旭漚靴泙靴拭◀泙此⊇忡溶ゟ膩海函崔淒叛Ą廚箸隆屬農鐺丨ⅶ呂泙蠅泙靴拭▷崔淒叛Ą廚狼\茲鮴¤靴堂失紛瓩唎梁進昢,婆觸韻棒侮硑掘∋竜い猟磴そ忡遊海惑堊槪靴泙靴拭◦絽佑愼┐乙△辰浸埓郢虻険厂腓ⓝ┐い襦崕徉古沺廚蓮◆崔淒叛Ą廚鵬辰錣辰討い觴圓琉貘欧硫杏澆吠譔个掘~反佑鯏蟾㯃♡道Δ垢襪覆匹諒麌詎鮃圓い泙靴拭◉埓郢虻険厂腓録絽佑砲Ľ韻觴存△鮠鍵丨掘ゟ掌佑砲い詒夕隋♥省新墜討琉娶類抜悗錣蠅覆坷誉唎鯑阿ǂ校槪⓲椎修箸覆蠅泙靴拭▷崕徉古沺廚諒麌詎紡个靴董崔淒叛Ą廚瞭睇瑤任脇依匹ⅰ唎海蝓∉E直倁溶困蕁崔淒叛Ą徊楝發寬薫个亮孫圓鰺ダ茲垢訛照予仗伴圓蕕畔未譴匿絽佑妨類ǂい泙靴拭FE直倁溶困蕕録絽余覯爾如崕徉古沺廚噺鮴錣靴泙靴燭ⓖ埖爐掘∉甓冖ʔ覆劼燭舛覆ʍ圈砲龍瓩唎泙蚤犁僂靴泙靴拭FE直倁溶困號楝發畔未譴胴掌佑惴類ǂ辰匿雰發靴唇貲匹蘯圳臧婉瓩破詆楫海貿塰未靴泙靴\xBF

。また「筑波勢」追討が開始されると、領民達が幕府軍に呼応して「筑波勢」に襲いかかりました。相良藩主・田沼意尊若年寄)が彼らに対し、補償に代えて天狗党から分捕った戦利品を私財とする事を許可した事もあり、各地で尊攘激派やこれに同調していた村役人・豪農等への打ち壊しが行われました。江戸の水戸藩邸を掌握した「諸生党」に対し、激派・鎮派は領内の尊攘派士民を下総小金(千葉県松戸市)に大量動員し、藩主・松平慶篤に圧力をかけて交代したばかりの「諸生党」の重役の排斥を認めさせ、水戸藩邸を再び掌握しました。しかし、市川三左衛門らによる水戸城占拠の報に接し、国元の奪還を図る事となりました。そこで、在府の松平慶篤の名代として支藩・宍戸藩主の松平頼徳が内乱鎮静の名目で水戸へ下向する事となり、執政・榊原新左衛門(鎮派)らとともに江戸を出発しました。これは「大発勢」と呼ばれます。これに「諸生党」により失脚させられていた武田耕雲斎、山国兵部らの一行が加わり、下総小金などに屯集していた多数の尊攘派士民が加入して3000人に膨れ上がりました。「大発勢」は水戸城下に迫りましたが、その中に「尊攘派」が多数含まれているの\xA4

鮹里辰浸埓郢虻険厂腓蕕蓮⊆ά匹亮叉咾魘欧譟∪鑒漚鮴阿┐動豺圓瞭䰗襪魑饑笋靴泙靴拭﹅省人蠧舛六埓郢虻険厂腓噺鮠弔靴泙靴燭❶⊃絽郵抒阿蚤儘気靴仁樟ě呂論鐺倘暍屬亡戮蠅泙后▷崑臠囊Ą廚呂笋爐覆𡈽爐①⊃絽誘畊戮瞭甓冖ǂ防杰悗靴泙靴拭▷崔淒叛Ą廚發海譴棒楸瓩掘◆崑臠囊Ą廚鵬胆Ľ垢觧槪砲覆蠅泙后\xA3

そのまた次の次に、北越戊辰戦争:福島・大黒の戦いです。先日の列藩同盟軍の攻撃が失敗したのは、列藩同盟軍総督・千坂高雅の作戦が「何の工夫も無い平攻めだったから」と判断した長岡藩総督の河井継之助は、会津藩佐川官兵衛を伴い、見附の千坂高雅の本陣を訪れ、自らの作戦を提案しました。まず別働隊を夜間に八丁沖内を迂回させ、新政府軍の最前線である大黒村の背後に位置する福島村を奪取します。福島村を奪取後に合図の火の手を挙げて、この合図を受けて福井村から大黒村を攻め、福井村からの部隊と福島からの部隊で大黒村を正面と背後から挟撃し、新政府軍の有力な拠点である大黒村も奪取するという作戦でした。こうして、河井継之助佐川官兵衛・千坂高雅の軍議の元、列藩同盟軍は布陣を開始しました。まずは、迂回部隊が進発しました。当時、長岡の北東に広がっていた広大な湿地帯である八丁沖ですが、場所によっては底無し沼の箇所も在りましたが、通行可能な場所もありました。その八丁沖内で漁をして生計を立てていた長岡藩の下級藩士を案内にして、迂回部隊は通行可能な部分を進軍し、大黒村の横を通り抜けて後方の福島村に迫りました。福島村は、富山\xC8

佑ⅷ蕕辰討い泙靴燭❶△海譴鮃況發靴毒堊槪気擦泙靴拭J‥臑爾鮹ゼ茲靴仁麋容洩膳海留š麌徧發蓮ゟ膺泙硫个亮蠅鮠紊欧泙靴拭N麋容洩膳海楼貔討帽況發魍ʍ呂靴泙靴拭〽膵況睇徧發蓮∧^翅爾鮟佝唎靴涜膵暍爾鯡椹悗靴胴況發靴泙靴拭B膵暍爾鮗蕕辰討い燭里蝋眦槌擁爾任靴燭❶⊊慌ⓗ擁次Σ馗堵擁爾鮗舂呂箸靴深膵況睇徧發鰐垤兇遼槪紡膵暍爾鮃兇疝遒箸掘ヿʍ槪某契坼楫海寮鐇類本犬鯊任噌類犹槪棒侮硑靴泙靴拭B膵暍蔀ゲ鵑琉戮忙⏇猗擁爾半沼緘擁爾ⅰ濤圓靴討④泙靴拭◦契坼楫海鯲┐い觧蓋Ö㌍類蓮⊄膵暍爾法峇駟実癲廚蘢構H擁爾魃膩海妨類ǂ錣擦襪塙脅蕕ⅰ嫖召掘⇔麋容洩膳海亮膵況睇徧發髪š麌徧發ⅺ契坼楫海吠餔呂気譴訃昳靴砲覆蠅泙靴拭◀海Δ靴董⊄膵暍爾膿契坼楫海販麋容洩膳海了狷丨ⅵ討唸圓覆錣譟⊃契坼楫魁ξ麋容洩膳海鯡笋錣座燭唎両㌍爾ⓔ櫃譴泙靴拭◀靴ǂ掘∈能ŮĽ砲亙捨賄Ľ僕㌫琛平契坼楫海ⓝ麋容洩膳海鯤餔呂靴董⇔麋容洩膳海亙餔尣嗅任隆躓,亡戮蠅泙靴拭◀海隆躓,歪慌ⓗ佑了梓峪塲型覆伐馗堵佑虜汗邊永識劼ⅶ愆瑗爾諒爾鯑遊發気察⊃契坼楫海諒餔鰐屬鯑佑㌶砲辰浸槪砲茲衫ッΔ棒侮硑靴泙靴燭❶∧‥臑爾搬膵暍爾鮨契坼楫海肪ゲ鵑気譴泙靴拭\xA3

さらに次に、第二次世界大戦:大湊空襲、第2回釜石艦砲射撃です。

大湊空襲:青森県大湊町(現・むつ市)の大湊湾には日本海軍の大湊警備府があり、「常磐」を旗艦とする機雷敷設艦部隊の「高栄丸」、「千歳丸」や海軍特設輸送艦「浮島丸」が停泊していました。また、芦崎湾には損傷中の駆逐艦「柳」などが停泊しており、総数20隻でした。8月9日から10日にかけて、アメリカ海軍第3艦隊の第38任務部隊などの空母搭載機が、北日本一帯を空襲しました。9日早朝6時に大湊町に空襲警報が発令されました。数時間後には2回目の空襲警報が発令され、大湊湾にアメリカ軍の空母艦載機が襲来しました。碇泊中の艦艇や陸上砲台から応戦しましたが、「常磐」、「柳」が大破しました。「常磐」は浸水が激しく芦崎湾に擱座して、辛うじて沈没を免れました。死者129名(「常磐」の乗組員が109名、「柳」の乗組員が20名)、負傷者は300名以上でした。「常磐」以下の敷設部隊は、北海道方面で敷設する予定の機雷を多数を搭載していましたが、誘爆した場合には大湊の町に甚大な被害を及ぼすと判断し、空襲警報発令後に全ての機雷を海中へ投棄しました。そのため、誘爆による市街地への被害は避けられました。事実上、これが大日本帝\xB9

餝し海隆歪絜砲茲觝埜紊粒だ錣箸覆蠅泙靴拭\xA3

第2回釜石艦砲射撃:1945年8月9日、アメリカ海軍・イギリス海軍の合同部隊が行いました。参加したのは、前回と同じアメリカ海軍第34.8.1任務隊の他、イギリス海軍第37.1.8任務隊(軽巡洋艦2隻、駆逐艦3隻)でした。最初は、山側から順に海側に射撃しました。その結果、平地にあぶり出された人達を待っていたのは戦闘機による機銃攻撃でした。この攻撃で、日本側は一般市民271人の死者を出しました。逆に山側に逃げた人は、一命を取り留めました。

最後に、長崎市への原子爆弾投下です。8月6日の広島原爆投下作戦で観測機B−29「グレート・アーティスト」を操縦したチャールズ・スウィーニー少佐は、テニアン島へ帰還した夜、部隊の司令官であり、広島へ原爆を投下したB−29「エノラ・ゲイ」の機長であったポール・ティベッツ大佐から、再び原爆投下作戦が行われるので、その指揮を執ること、目標は第一目標が福岡県小倉市(現:北九州市)、第二目標が長崎市である事を告げられました。出撃機は合計6機でした。先行していた「エノラ・ゲイ」からは小倉市は朝靄がかかっているがすぐに快晴が期待できる、「ラッギン・ドラゴン」からは長崎市は朝靄がかかっており曇っているが、雲は10分の2であるとの報告がありました。午前9時40分、大分県姫島方面から小倉市の投下目標上空へ爆撃航程を開始し、9時44分投下目標である小倉陸軍造兵廠上空へ到達しました。しかし、爆撃手カーミット・ビーハン陸軍大尉が目視による投下目標確認に失敗しました。その後、別ルートで爆撃航程を少し短縮して繰り返しましたが再び失敗、再度3度目となる爆撃航程を行いましたが、これも失敗しました。その間に天候が悪化\xA4

掘∉䡄楫街蘯曜いǂ蕕梁亢晌況發ⅲ磴靴唎覆蝓△泙仁Ψ外臆鞍彀埔譴ǂ虍彀埖茖毅浩鐶發慮渕粟鐺侊 〳し鈎枉覺霖呂ǂ藺茖横娃街匐暍發領躰梓肋綫鐺侊。隠圧,ⅱ杁淅囉覆靴討④浸槪⓳稜Г気譴燭里如¬槁犬鮠偀匯圓ǂ藺萋麑槁犬任△訥杭蠍Í杭蟷圓吠儿垢掘ヿ畫娃隠飴顚械以ⅵ△望偀匯埔絛擷鯲ッΔ靴泙靴拭▷屮椒奪唫好ʔ次廚肋偀劼鯲イ譴凸鵤横以ⅳ紂⊊杭蠍Ç絛擷愎圴類靴泙靴拭8畫娃隠飴顚毅以ⅵ◆◆屮椒奪唫好ʔ次廚ⓓ杭蠑絛擷棒楸瓩靴榛櫃砲蓮ゟ眦截隠牽娃娃蹐ǂ蕋横苅娃娃蹐隆屬❶■牽亜腺坑亜鵑寮儕世琶い錣譴討い泙靴拭﹅判狹世任△訥杭蟷坡甲羶管彧絛擷慇楸瓩鮖遒澆泙靴拭↗好Ε▷璽法爾鰐椹詛纊發ⓘ垈椎修幣豺腓和席人里妨暁絜鯏蟯類擦佑个覆蠅泙擦鵑任靴燭❶∧軸鐫甘槪離▲奪轡絅錙璽抗し鈎羣瓦❶屮譟璽澄芝纊發任笋襪勝廚肇好Ε▷璽法爾紡イ靴泙靴拭L仁甍稟燭離譟璽澄芝纊發鮃圓ĽΔ箸靴申峇屐∨寨茲療蟆射縦蠱賄世茲衙夢鵑蠅涼賄世任靴燭❶-世寮擇豐屬ǂ薜貊屬世唄祺爾帽④❹訥杭蟷坡垢ⓖ舛④泙靴拭↗咫璽魯鵑和臉爾廼ǂ咾泙靴拭▷岾垢ⅳǂ┐襦Ą廖孱遙瓧譯譯硃。茖錙Ą ̄世寮擇豐屬紡茖果槁姑噱ʔĄ廖.好Ε▷璽法爾歪召舛房ὰ袷狃弔棒擇蠡悗┐董▲咫璽魯鵑冒\xE0

縦を渡しました。工業地帯を臨機目標として、高度9000mからmk−3核爆弾「ファットマン」を手動投下しました。「ファットマン」は放物線を描きながら落下、約1分後の午前11時2分、長崎市街中心部から約3kmもそれた別荘のテニスコート上空、高度503mで炸裂しました。長崎原爆はプルトニウム239を使用する原子爆弾でした。このプルトニウム原爆はインプロージョン方式で起爆しました。長崎原爆「ファットマン」は広島に投下されたウラン235の原爆「リトルボーイ」の1.5倍の威力でした。さて、原爆が投下された長崎ですが、原爆は浦上地区の中央で爆発し、この地区を壊滅させました。なお長崎の中心地は爆心地から3kmと離れていて、金比羅山など多くの山による遮蔽があり、遮蔽の利かなかった湾岸地域を除いて被害は軽微でした。浦上地区の被爆の惨状は広島市と同じく悲惨な物でした。浦上教会(浦上天主堂)では原爆投下時に「ゆるしの秘跡(告解)」を行っていましたが、司祭の西田三郎・玉屋房吉を初め、数十名の信者は爆発に伴う熱線あるいは崩れてきた瓦礫の下敷きになって全員が即死、長崎医科大学でも大勢の入院・通院患者や職員が犠牲\xA4

箸覆蠅泙靴拭D杭蟷堝發砲亙疥困鮗鑲討垢觧楡澆發△蝓∀ゟ膩格嫉痢兵腓鳳儼魁ν檥格嫉痢砲了狃鍤圓眤臉Č个泙靴拭9㌧腓波鑁纍紂⊃得未鰺蠅辰督杭蠅愾続ǂ靴討い真擁Ľⅵ討喞杭蠅波鑁絜靴燭蝓⊇伉ヅ硑嚢㌧腓鯔❹譴討い真擁Ľⓗ鑁絜掘⊆族箸里△訥杭蠅悩討喩鑁絜靴燭髪召♢氅磧米鷭堵鑁絁砲盂稜Г気譴討い泙后〽太錣濃箸錣譴親麋𡌛椶粒吠軸錙△海琉貳唎諒軸錣砲茲蠹欄類猟杭蟷圓凌邑釱横緩贛佑里Δ遡鵤隠緩詇浩蘓佑ⅶ猖廖〼胊Ľ鰐鵤械供鵑ⓐ款討泙燭倭竿床擷靴泙靴拭\xA3

今日の誕生日:アメデオ・アボガドロ黒田清輝宇垣一成トーベ・ヤンソン磯村尚徳黒柳徹子吉行和子石橋蓮司佐藤蛾次郎池上彰田山涼成、桜井洋子、ホイットニー・ヒューストンフィリッポ・インザーギ千野志麻、G.G.佐藤、松尾由美子タイソン・ゲイ加藤沙耶香(元アイドリング!!!1号)、木南晴夏藤田菜七子

今日の記念日:長崎原爆忌・ ながさき平和の日・長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典、世界の先住民の国際デー、ムーミンの日、野球の日、はり・きゅう・マッサージの日、パークの日、パクチーの日、薬草の日、かばんの日、ハンバーグの日、ハグの日、ソフトウェアバグの日

今日の「今日訓」:まずは、長崎に黙祷! 本日は、1945年8月9日午前11時2分に、米軍のB−29爆撃機「ボックスカー」により、プルトニウム原子爆弾「ファットマン」が長崎市に投下されました。約7万人の人々が死亡し、市街は壊滅しました。この事から「長崎原爆忌」、「 ながさき平和の日」、「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」となりました。1992年に、「国連人権促進保護小委員会先住民作業部会」の第1回会合が開かれた事を記念して「世界の先住民の国際デー」、作者であるトーベ・ヤンソンの誕生日である事から「ムーミンの日」、「8(や)9(きゅう)」の語呂合わせで「野球の日」、「8(はり)9(きゅう)」の語呂合わせで「はり・きゅう・マッサージの日」、「8(パー)9(ク)」の語呂合わせで「パークの日(駐車場の日)」、「8(パ)9(クチー)」の語呂合わせで「パクチーの日」、「8(や)9(く)そう」の語呂合わせで「薬草の日」、「8(バッ)9(グ)」の語呂合わせで「かばんの日」、「8(ハンバー)9(グ)」の語呂合わせで「ハンバーグの日」、「8(ハ)9(グ)」の語呂合わせで「ハグの日」、「8(バ)9(グ

)」の語呂合わせで「ソフトウェアバグの日」となりました。