夏休み第2段!軽井沢ピッキオ

軽井沢旅行、2日目です。

前から気になってた星野エリアの

野鳥の森ビジターセンターピッキオのネイチャーウォッチングに参加。

色プログラムがあるんだけど、幼児と小学生が一緒に参加出来るのがコレしかなかったんです。幼児のみ、小学生のみのプログラム、参加するにはバラバラで参加しなくてはならないのでもし次回参加するなら、息子は一人参加、娘と私で参加かなー

ガイドさんについて、二キロの山道コースを歩きます。

娘、頑張って歩けましたよー。

いつの間にかガイドさんと手を繋いでました(笑)

今回は動物には出会えなかったけれど、虫とか虫とか爬虫類とかは色んな発見!

これはザトウムシ

足が8本で蜘蛛の仲間だけど、糸は出さないし、毒もないそう。

前足2本が長くて、ツンツン杖をつくようにして歩いてて、その姿が視覚障がいの人が杖をついてる姿に似てる昔はその人たちの職業が針や鍼灸だったことから、座頭市ザトウムシになったとのこと。

ムササビの巣箱

この日、この巣箱にムササビが寝ていて、中に仕掛けてあるカメラで中の様子を見せてもらえました。

ま、なんか寝てる(笑)って映像でしたが。

これ、リスが食べた跡!

そう言えば、胡桃の実も見ました。

梅の実みたいに青い実で、その中の種が胡桃になるんだって。

これはなんと、クマが木の中の蟻を食べるために、幹を剥いだ跡。この辺にいるのね

が木に登った爪の跡もありました。

ガイドさん、クマ避けの鈴をつけてたしね。

クマと共存するため、ピッキオではクマに発信器をつけて、人の側に来ないよう、森の奥へと追って被害を防いでくれています。

バッタ

ここのバッタは羽がないそうです。

ヒキガエル

かなり大きいです。

頭のボツボツには毒があるそうで、触った手で目とか触るとすごく痛くなったりするって

なので、持つときは写真の位置で。

子どもたちが喜んで突っつく中、うちの子どもたちはツン!も触れない

そうなんです、うちの子達、虫とか動物とかぜーんぜん触れないんです。

娘が意を決してやっと!ツン!

お!触れた〜!

息子。いくら声をかけてもやらずもうカエル、離すよ〜となり、ようやくようやく!ツン!一瞬ですが、触れました。ほっ

ピッキオに戻ってきました。

ここの池、冬にはスケートリンクになるそうです!

冬に来ると、シカやウサギの足跡が見れるそうです。見たーい!でも寒いよね

大人向けのプログラムもあるみたいですよ。

星空を見るとか

当日参加も出来るけど、繁忙期はやはり事前に予約していくことをオススメしまーす。

今回発見した虫たちをまとめて、自由研究にしたらどうかな?と息子と制作中。仕上がったらUPしますね